冥利です。

今日、ある患者さまが天に召されました。

お孫さんと私が同級生だというご縁で
最期の最期に関わらせていただけた方です。

以下、お孫さんからのメッセージ。

忘れないために。

—————————————————–

先程、祖母が亡くなりました。

先生方には短い間だったけど お世話になりました。
実は今日も 息がぜいぜいいう中、小さな声で、今日は鍼灸は何時から?と聞いてきてびっくりしたのよ。
本当にありがとう。

———————————————————-

鍼灸師冥利につきる、出会いでした。
私たちも感謝しかない。
最後の最後にも、鍼灸を思い出してくれて。ありがたい。

一緒に治療を担当した先生も↓のように。

———————————————————-

15年ほど有料老人ホームの鍼灸師として働いて居ましたが、患者さんが亡くなる時はやっぱり悲しさと寂しさで涙が出ます。
特に今回は本当に最期に関わらせてもらえたことが私にとって、本当にしたかった事(最期まで寄り添って治療する事)だと気付かせてもらえた方でした。
本当にありがとうございました。
この機会を与えてくださった患者さまはじめご家族の皆様に感謝しています。欲を言えばもう少し治療させていただきたかったなぁと思いますが、お腹が苦しいなか、私なんかの為に色々気遣ってくださり「先生、寒くないですか?暖房つけなくてもいいですか?」と優しい言葉をかけてくださったことはきっと忘れることはできないと思います。
本当にステキな方でした。
ありがとうございました。

———————————————————-

私たち鍼灸師は
人が産まれる前から天に召されるまで
しっかりと寄り添うことができます。
そのようなことをさせていただけることに感謝しかありません。

これからも私たちを求めてくださる方のために。
技術と知識の研鑽に精進します。

ご冥福をお祈りします。
そして今回の出会いと学びを
しっかりと生かしていきます。
ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です